ダイエット時のリバウンドはメカニズムを知って停滞期を乗り越えよう!

公開日: 

Pocket


ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要不可欠


ダイエット時にはリバウンドのメカニズムを理解した上で対策をしておくことが必要です。ダイエットがうまくいっても、リバウンド予防をないがしろにしていると、また太ってしまいます。

何とかダイエットがうまくいったのに、そのすぐ後にリバウンドが起きてしまったために、結局ダイエットが無意味になってしまったという人もいます。

ダイエットとリバウンドを繰り返した結果、太りやすくて痩せにくい体質になってしまう可能性もあります。

リバウンドとは、どういう時に起きるものなのかメカニズムを正しく持っておくことで、ダイエットの成功率が高くなります。人間の体には、ホメオスタシスという機能が備わっています。
スポンサードリンク



身体の体温や体重を一定に保とうとする機能で、これがリバウンドに関与しています。エネルギー消費量の高い筋肉が減少することによる基礎代謝の低下や、満腹中枢を刺激するレプチンの分泌低下もリバウンドの原因としてが考えられます。

ホメオスタシスは、今の基礎代謝量、レプチン量、食事量に基づいて機能しており、その環境でちょうどいい体重になっています。

その時に1日に摂取しているカロリー量に対して、ちょうどいい基礎代謝や、身体機能をつくることで、体重を安定させようとしているわけです。

ダイエットを行ったことによって身体に変更が加わって、体重を制御するバランスが崩れると、リバウンドが起きてしまいます。

いきなり環境を変えると、体にとって負担になります。ダイエットをする時は、少しずつ変えていくことを心がけて、気長にやりましょう。

リバウンドを起こさずにダイエットをしたい場合は、短い期間で体重を減らそうとするのではなく、長いスパンでダイエットプランを立てることです。



リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる


ダイエット中の停滞期や、リバウンドのメカニズムを理解することで、ダイエットの確実な進め方がわかるようになります。

明らかなメカニズムがリバウンドにはありますので、ダイエットプランをつくる時には、まずその点を踏まえておくことです。

短期間で極端な減量をすると、体は飢餓状態に陥り、エネルギーを供給することが困難になります。体は飢餓状態を察知して、エネルギーを温存するために極力消費しないようになってしまうため、減量しても痩せにくい状態になります。

この機能は、過酷な環境の中でも生きていくためには重要ですが、ダイエットを成功させたい時には全く不要な機能です。

ダイエットをしている時に停滞期になると、今までどおりのダイエットをしていても体重の減りが鈍化しますので、モチベーションも下がります。

ダイエットをしているからという理由で空腹をこらえ続けたり、食べたいものを食べられない状態が続くことは、精神的にもつらいものです。

停滞期に入ってもダイエットを継続できるようにしておくには、あらかじめ停滞期に対する準備を済ませておくことです。

食事を減らすことを中心にするダイエットでは、筋肉の質や量が衰えて、基礎代謝の減退につながります。

減量すれば確実に痩せますが、食事量を元に戻したときには、基礎代謝の減退の影響によって、今まで以上に太りやすくなるのがリバウンドなのです。

ダイエット後のリバウンドが起きないようにするには、適度な食事を摂取しつつ、運動もしてカロリー消費量を多くすることが重要になります。

リバウンドが起きないダイエットをするためには、食事量と、運動量に配慮をすることがポイントになります。



リバウンドのメカニズムを知ってダイエットをすれば誰でも痩せる


苦労してダイエットを行なってもリバウンドしてしまうのは、身体のホメオスタシスという体の機能が原因となっています。

ホメオスタシスは体内に少ししかエネルギーが入っていない状態になったときに、それでも身体を維持するためにエネルギー消費を減少させる現象です。

ホメオスタシスより、たとえ雪山で遭難したりしても、最小限のエネルギー消費によって体を維持するので、生き延びる可能性が高くなるのです。

ダイエットを妨げる要因ですが、ホメオスタシスそのものは人体に必須のものです。体重を減らしても身体に過度な負担がかからないようにすることが、ダイエット後にリバウンドを起こさないためのポイントです。

ホメオスタシスの機能が働くと、ダイエットにおいては停滞期といい、今までのダイエット方法を続けているのに体重は一向に減らなくなります。

体重が減らないからとダイエットをあきらめて、普段の食事量に戻してしまうと、ホメオスタシスは継続しているので余分な脂肪が蓄積されてしまうのです。

食事は以前と同じで何ら変わらないのに、ダイエット前よりも体重が増えるようになってしまいます。

これがダイエット時に起きてしまうリバウンドのメカニズムなのです。体重を効率的に減らすには、ホメオスタシスが活発に機能している停滞期でも、ダイエットを中断したりしないことです。

ホメオスタシスが働いている間はダイエットへのやる気も低下しがちですが、自分のペースで続けましょう。リバウンドのメカニズムを理解して、停滞期でも我慢強くダイエットを継続して乗り越えれば、再び痩せることができるようになります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑