ダイエットに適した料理 低カロリーと料理法と調味料

公開日: 

Pocket

野菜01

カロリーが低めのダイエットに効果のある料理


家庭で料理ができるようになると、ダイエットのカロリー管理がスムーズにできます。外での食事は栄養の偏りや、カロリーオーパーになりやすいものです。

ダイエットのために食事改善をするなら、自分でダイエット向きの料理ができるようになることは早道になります。

ダイエットに適した料理をするためには、カロリーを減らす調理法を理解しましょう。色々なアプローチでダイエット向きの食事をつくることで、少しずつ効果が上がっていくでしょう。

料理方法でカロリーを減らすことができれば、一日の上限摂取カロリーを維持しながら、満足感の高い食事を楽しむことができるでしょう。食事の味を濃くすると、ついたくさん食べてしまいがちです。

味つけは薄めにして、素材の味を味わうようにしましょう。みりんや砂糖は、それ自体にカロリーがありますので、使いすぎるとカロリーアップになります。料理の基本は焼く、揚げる、煮る、ゆでる、蒸すの5種類ですが。

カロリーを減らすなら煮る、ゆでる、蒸すの3つの料理方法がおすすめです。ダイエット料理をつくるなら、油の使用量はできるだけ控えましょう。

ホイル焼きのような油を使わない料理をしたり、グリルで焼くことで油を落とすような料理方法もダイエットには向いています。

スポンサードリンク



ダイエット調理のための準備


食材選びやメニュー選択だけでなく、料理の方法もダイエット料理では大事です。食材の下ごしらえをどのようにするかも、ダイエットを成功させるためには重要にになります。

油揚げや厚揚げなどは、熱湯でしっかり油抜きをしましょう。料理としては一般的な行程ですし、余分な油を除去することでダイエット効率が上がります。炒め物をする時は、野菜は大きめにカットしましょう。

小さく切ったものを炒めると、油の吸収率がアップし、カロリーの高い料理になります。同じ考え方としては、カツやコロッケは小さいものを複数食べるより、大きめのものを一つにした方が、油の吸収量が少ない揚げものになります。

ふわふわしたパン粉は油をたっぷり吸ってしまいますので、固いパン粉や粗いパン粉がダイエットに向きます。煮物をつくる時は、浮いてくるアクや油を丹念にとることでカロリーカット効果につながります。

ベーコンや豚肉などでの炒めものをしている時は、フライパンの上に出た油をキッチンペーパーで拭き取るようにしてください。

いらない油は除去したほうがおいしくなりますし、ダイエットに適した料理にすることができて、一石二鳥です。油を除去する工夫をしながら調理をすれば、カロリーの少ないダイエット用の料理が手軽につくれます。


ダイエット料理に使用する調味料について


ダイエットのための料理では、調味料の扱い方もとても大事です。料理の味を左右する調味料は、さとうやみりんといった、それ自体でカロリーがかるものもあります。塩分の多すぎるおかずはご飯を食べ過ぎる原因にもなります。

味つけ一つで、ダイエットへの影響の大きい料理ができます。最近は様々な油が販売されていますが、植物性油のカロリーはどれもほぼ同じです。オリーブオイルには、血中のコレステロールを整える効果があります。

ビタミンEも多く含んでいますので、ダイエットの強い味方になってくれます。市販のドレッシングは意外と油分が多いので、ダイエットのためにはできるだけノンオイルのものを選びましょう。

ドレッシングは、自家製にすることもできます。醤油は数種類用意しておき、料理に合わせて使うことで、塩分の多くなり過ぎを防ぐことができます。お味噌は、商品によって塩分量に差がありますので、塩分量があまり多くない商品を選択します。

白味噌、赤味噌、米味噌など種類によっても味やしょっぱさが違います。少ない塩分でも、味つけが物足りないと感じないようにする工夫は色々あります。

お酢を活用したり、だしの味を利用したり、素材の味を活かす方法もあります。特に、かつお、こんぶ、にぼしなどの和風だしは低カロリーで味わい深い、ダイエット向きの料理ができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑