友人がナシ婚をする場合ご祝儀は必要か 贈るならいくらくらいが相場?

公開日: 

Pocket

cb6de043e1a6ba6b923bf528e930ec07_s 最近ナシ婚というのが増えています。ナシ婚の意味、増えた理由と割合はどれくらいか。それは社会背景が関係しているようです。そして自分の友人がナシ婚をする場合のご祝儀は必要でしょうか。もし、贈るならいくらくらいが良いのでしょうか。

ナシ婚の意味・理由・割合


ナシ婚の意味は、結婚に関して、結婚式もなし、披露宴もなし、つまりみんなへのお披露目はなしなしということで、婚姻届に記入をして提出するだけの結婚の形です。

本来婚姻届を提出して結婚が出来るので、通常の婚姻となんら変わりはありません。しかし、周りから見るとあの二人は婚姻届は提出したらしいけれど、結婚式も披露宴もしていない、本当に結婚したの?と疑問すらわいてしまうのです。

そんなナシ婚がふえたのは現代の社会的状況が大きく反映しています。それは一つ目に経済的影響があります。最近はリストラは増えていますし、働いても働いても賃金が上がっていかないワーキングプアと呼ばれる人もたくさんいます。また非常勤で働く人も少なくありません。そのために結婚式にかけるお金はないという人も多いのです。

もう一つの理由は結婚式に対する考え方の変化です。以前はみんなに感謝の意味も兼ねて盛大にお披露目をしていました。

しかし、人間関係の煩わしさや人間関係の希薄さなどから結婚式に対してそれほどの思い入れもなくしないカップルが増えているのです。
その割合は結婚するカップルの約半数に上ると言われます。

952079ee7eb1c3cf09ed51ae62a4bedf_s

ナシ婚のご祝儀は必要か


自分の友人が結婚すると聞きました。よく話を聞くとナシ婚でなんか祝儀を催促されているような感じ。あからさまに催促されるとちょっとイヤですよね。

それで、ご祝儀をしないとなると今後の人間関係が気まずくなるかもしれません。しかも、他の友人がご祝儀を贈っていた場合に影で比較されたりすることもあります。

そのような場合は自分の結婚のことを考えると良いでしょう。
自分の結婚のときにいただいたのであればご祝儀を贈ったほうが良いでしょう。
もし、未婚で今後結婚の予定がある場合も贈ったほうが良いでしょう。

3cd3a06419fb498e111b834f4d43c962_s

ナシ婚の祝儀はいくらぐらい

ナシ婚のご祝儀をするかどうか。これは非常に難しい問題です。その金額の選択肢は二つです。それは1万円か3万円かということになるでしょう。2万円という数字は割り切れる数字なので、通常結婚式などのお祝いの時には、包むのを避ける傾向にあります。そのために2万円という考えはほとんどありません。

では1万円と3万円の差はなんでしょうか。
通常結婚式に参加をする場合、引き出物や食事などゲストをもてなすために費用が掛かっていることは参加者にも明らかにわかりますよね。

結婚式に慣れた人なら、これくらいの引き出物と食事ならいくらくらいかかっているなということが予測できるくらいです。それもお祝い入れて新郎新婦に渡すのです。そのためにお祝いとして渡す金額+引き出物と食事の費用、つまり3万円位のご祝儀になる訳です。

ナシ婚の場合は結婚式が無いので、引き出物と食事のお金は必要ありませんが、そのご祝儀を送る人の立場によって金額が変わるようです、例えば、上司や親族だったら、お祝いの意味を込めて3万円とか親しい友人でも以前に自分の結婚式で3万円もらったから同様にお返しをするという具合で、3万円ご祝儀を包むという人も少なくありません。

反対に引き出物と食事代が不要で単純に結婚のご祝儀として渡すのだから1万円で良いと割り切る人もいます。いずれにしても祝福をするという意味で送るのですからこれも決して失礼な金額ではありません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑