核酸食で老化を防止!核酸の効果と働き、摂取する食事 サプリメントを紹介

公開日: 

Pocket

640×427e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s
核酸は人間の細胞にあり、新陳代謝や肌でいえばターンオーバーに大きく関わっています。20代頃から体内での生成が減少すると言われています。肌で考えてみるとよくわかるのではないでしょうか。加齢とともにハリがなくなったりしますよね。ですから、老化防止のために核酸を含むものを食べたり、不足分はサプリメントで補ったりする必要があるのです。


核酸食の効果は

核酸食の効果は一言でいえば老化防止です。
核酸は老化に関係しています。なるべくこの老化を抑えるために体内での生成が減少した分を食事で補おうとする食事です。

細胞を合成するための核酸合成が衰えているならば核酸を摂取してあげる事が重要になります。核酸には傷ついた遺伝子の修復、細胞分裂の促進効果や血行を良くする効果があります。また、抗酸化作用、炎症の抑制効果なども報告されています。

つまり、核酸の合成が盛んになるとともにこれらの効果が加わる事によって老化を防ぎ若々しさを保つ事が可能になるのです。

特に肌は新陳代謝の活発な場所ですので核酸不足による細胞のターンオーバーの乱れで大きな影響を受けます。ですから、核酸食などを摂取する事によって核酸不足を補う事が重要になるのです。

スポンサードリンク



核酸を多くとるための食事とは


では核酸食とはどのようなものがあるのでしょう。
特に珍しい食品ではなく、我々が通常の食事でとるような食品に核酸は多く含まれています。
イワシ、サケ、エビ、カニ、はまぐり、カキ、イカなどの魚介類、
豆類、アスパラガス、ホウレンソウ、ラディッシュ、マッシュルーム、カリフラワーなどの野菜を食べる事が有効とされています。

特にイワシなどは週に4回くらいを目安として摂取する事をお勧めします。
その他の魚介類、野菜類、豆類も週に一度の摂取が良いとされています。

これだけではなく、牛乳(脱脂牛乳)をコップ2杯、
野菜ジュースもしくはフルーツジュースをコップ1杯
水を4杯以上
を毎日飲む事で核酸の効果は高まるようです。
また、ビタミンCを併用することによってさらに働きが高まります。
ビタミン剤などでビタミンCの摂取も心がけましょう。

核酸食は特別難しい食材ではありません。
意識的に毎日の食事に組み込むことによって老化を防ぎ若々しく過ごす事が出来るのです。
是非、今日からでも始めてみてはいかがでしょうか。

健康に関心がある方でしたら、体のいろいろな部分の老化を防ぐための食事というのをご覧になられているでしょう。実際に体全体の老化防止のための食事をするとかなりたくさんの量になります。また、毎日それらをとなると継続が困難な場合もあります。そんなときには核酸サプリメントで補うのもアリだと思います。

核酸の働き


少し難しい話になりますが、人間の身体は無数の細胞から構成されています。細胞は細胞膜という膜に覆われその中には細胞質という半流動体で満たされています。その半流動体の中に我々の生命に最も関係があると言っていい核が存在しています。核酸はこの核の構成物質になります。
核酸はデオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の2種類が存在し、遺伝現象に深く関係しタンパク質の合成の要になるのが核酸役割になります。

例えば、体内のたんぱく質を合成する際に体内に取り入れられたタンパク質は一旦アミノ酸という物質に分解されます。その際にデオキシリボ核酸を設計図としてリボ核酸がアミノ酸を材料にして新しいタンパク質を合成していきます。

細胞もこのシステムで作られています。ですから核酸の存在は我々の身体を構成する細胞にとって重要な役割を持った物質なわけです。

この核酸の合成方法には二通りの方法があり、一つがデノボ合成よばれる合成法で肝臓でアミノ酸を材料にして合成する方法、もう一つがサルベージ合成と呼ばれそれぞれの細胞で食物摂取によって得る事が出来た材料を再利用する方法です。

これらの方法で核酸は合成されているのですが、加齢によって肝臓の能力が衰えるとともにデノボ合成力も衰えてしまいます。その結果体内の核酸量は徐々に減少していき、それに従って新しい細胞を作る働きも衰えるわけです。
このようにして人間の身体は老化していきます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑