ダイエットの基本はバランスの取れた食事が基本

公開日:  最終更新日:2014/03/16

Pocket

食事内容をチェックしなおし、ダイエットに効果的な食事メニューを組むことが、失敗しないダイエットのコツです。目標体重になるためには、食事を改善するところから始めるとダイエットを進めることができます。


病気にならない体を作り、ダイエットを成功させるためにも、食事を考え直すことが効果的です。

ではなぜ太るのでしょうか。太る原因は食べ過ぎと、食事のバランスの悪さです。また、十分な運動をしないままの生活では、消費カロリーが少なく脂肪を減らすことができません。

理想的なダイエットは、運動によって体重を減らすことだけにこだわらず、食事が偏らないように気をつけつつ適切なメニューを組み立てることが効果的といえます。

食事面に問題がないかチェックしない限り、健康的なダイエットは成し遂げられません。どういった点に気をつけることで、ダイエット向きの食事を摂ることができるのでしょう。

どのような栄養素を摂取するかを考えずに食事量だけをひたすら減らすダイエットをしていては、健康の維持すらおぼつかなくなってしまいます。たんぱく質は体を構成する基本的な成分ですし、糖質や脂質はなくてはならないものです。

ビタミンやミネラルは体の機能を活発にするためになくてはならないものなので、無理なダイエットによる食事制限は禁物です。

食事面を見直すコツは、食事バランスを脂質2:たんぱく質3:糖質5の割合になるよう調整することです。それ以外には、食事メニューにきのこや野菜、海藻の量を増やすとダイエットに効果的です。

スポンサードリンク


では何をポイントにすれば、ダイエット向きの食事ができるでしょう。市販されているダイエット食を利用するのもダイエットに役立ちます。

しかし、ダイエットの際に最も気をつけるべきことは、何も食事のカロリー量を減らすことだけではありません。

上手にダイエットをするためにはトータルの食事量で考えるべきですから、一食だけのカロリーを減らすだけではうまくいきません。

朝食を食べないことでダイエットをすることがありますが、逆に痩せにくい体質になってしまうのでよくありません。1回食事を抜くと、反動で食べてしまいます。

空腹はストレスを引き起こし、過食やリバウンドもしやすくなりますので、ダイエットには逆効果です。

お菓子はできるだけ食べないようにし、1日3回の食事をきちんと食べる方がダイエットにはいいようです。

朝食、昼食、夕食のどれかを市販のダイエット食にするという方法はダイエット効果を引き出しながら食事メニューを偏らせない方法として有効です。このような代替食を用いる方法を代替食ダイエットといい、有名なものにプロテインを使うプロテインダイエットがあります。

この時に使用するプロテインは、ダイエット食として使用できるよう考えられているもので、動物性栄養素と植物性栄養素、そしてビタミンなどが豊富に含まれています。

昼ごはんか夕ごはんを食べる時に、食事の代わりにプロテインを入れたヨーグルトや豆乳、牛乳を摂取するのです。この時、プロテインだけでは1回の食事として辛いという場合は、低カロリーの海藻やサラダ類を摂取するという方法もあります。



食事を改善してダイエットを行う方法の中でも、プロテインを使うプロテインダイエットはかなりメジャーな部類に入るようです。

ダイエットの結果は個人の体質や体格によって違いがありますが、食事にプロテインを活用することによって、一ヶ月で2㎏から3㎏くらいは体重を減らすことが可能です。

ダイエットに取り組んだことがある方ならば、最初はある程度体重は減っても、段々体重が減りにくくなるという経験があるようです。

減量の停滞期は誰にでも起きることなので、過度に気に病むことはありません。このような時は1日2食をプロテインによる食事に変えることで減量効果も可能でしょう。

ただし、ダイエットのための食事なら、1日2回は通常の食事を摂取する方がいいでしょう。空腹感はストレスの元にもなり、長期の継続が困難になります。

ダイエットの停滞期は、思ったようにダイエットできずに、ストレスが溜まりやすい時期なのです。イライラしたり、体調が悪くなったりしたら、ダイエットは続きませんから無理は禁物です。ダイエットで一番怖いのはリバウンドです。

せっかくダイエットできたのに、短期間でリバウンドなんてことも考えられます。ダイエットする前の体よりも大きくなったり、体調がわるくなったりしたらダイエットの意味がありません。

栄養バランスを整えた食事習慣やダイエット成功を目指す意欲があれば、リバウンドは避けることができます。

食事も大切ですが、運動できる環境にある人は、なるべく体を動かして、基礎代謝率をアップさせましょう。体に負担のかからないリバウンドのないダイエットをするためには、ただ食事を減らすだけではできません。

精神的にも身体的にも、食事制限は一定限度に留め、あとは有酸素運動によってダイエットを行いましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑