一人暮らし 新生活の電気代、ガス代、水道代 光熱費の節約術

公開日: 

Pocket

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

もうすぐ新生活が始まりますね。これを機に一人暮らしをされる方も多いと思います。私もそうだったのですが、今まで実家だったので光熱費がどの位かかるのか?と気にしたことがありませんでした。しかし、これからは1か月で決められた金額の中で生活しなければならないので、できたら光熱費は節約したいですよね。そこで、私が試して効果のあった節約方法をそれぞれ電気、ガス、水道に分けてご紹介します。

電気代はコマメニコンセントを抜くことから

まず電気代の節約ですが、今はオール電化が普及されていて、一般的にこの電気代が光熱費の多くを占めるといっても過言ではありません。そのため、ここをうまく節約できればしめたものです。1つめは、待機電力をなくす、ということです。ケータイの充電器や炊飯器など、1日中使用しなくてもいいものって必ずありますよね。使わないときにそれらのコンセントを抜く、という方法です。「え?そんなこと?」と思われるかもしれませんが、意外と効果があります。小さいことから行動にうつすことが大切です。ちりも積もれば山となる、ですよ。

スポンサードリンク


ガス代は給湯温度を1℃下げるだけでも大きく違う

次にガスです。先ほど述べたように、今はオール電化がメジャーになりつつあるので、お風呂もガスではない、という家も増えていると思います。しかし、一人暮らしの部屋ではガス給湯のものも多いと思います。これも先ほどの待機電力と同じで、使わない時間が多いものですよね。ついついガス給湯ってつけっぱなしにしてしまうんですよね。面倒ではあると思いますが、使ったらすぐにオフする癖をつけると、だいぶ変わってきます。また、給湯温度を1℃下げるだけでも違います。「絶対に熱いお湯がいい!」というのがなければ、ぜひ試してみてください。

水道代はお風呂をシャワーにすると大幅ダウン

最後に水道代ですが、水道代は意外とかかるんです。特にお風呂で水道代はかさみます。実家では大きい湯船にたっぷりとお湯をはって…という方も少なくないと思います。でもこれ、かなり水道代がかさみます。毎日となるとけっこうな金額になります。私も一人暮らしを始めた当初、なんとも思わずに毎日お湯をはっていたのですが、初めて水道の請求額を見たとき驚愕しました。こんなに高いのか、と。その後、冬の時期やどうしてもお湯につかりたい!という時以外はシャワーのみにするようにしました。そうしたら、月で数千円違いましたよ。

さいごに

以上3点、今からでもできる簡単な光熱費節約術をご紹介しました。最初は感覚がわからないと思いますが、試行錯誤するうちにつかめてきます。ぜひ、一人暮らしを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑