退職祝いのプレゼントとして60歳の父に贈った温泉旅行|体験談

公開日:  最終更新日:2016/02/25

Pocket

会社一筋で真面目だった父親がとうとう定年を迎えることになり、息子たちが父親に何か退職祝いのプレゼントを贈ろうと迷った末、物品ではなく素敵な思い出が残る温泉旅行のプレゼントができた体験談です。

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s

定年を迎えた父親に退職祝いのプレゼントを贈る


高校を卒業して勤めてから、60歳で定年を迎えた父に、家族で定年退職のプレゼントをすることになりました。会社では50代後半になると大学卒の人に交じり、苦労することも多かったと思いますが、家族のために無事に勤めあげてくれた父に感謝の気持ちを込め、サプライズ的なプレゼントをあげようと父を除く家族でプレゼントを話し合いました。

何か品物をプレゼントしようと思っても、困ったのが、父の場合、無趣味だったこと。友人などに聞いた話では、ゴルフが趣味である父親にゴルフセットを贈ったり、絵画が好きな父親に有名な絵画を贈ったり、そういう趣味や嗜好に関連するものをプレゼントするケースが多いようなのですが、父はお金を使う趣味や嗜好とまるで無縁な人なので、その作戦も使えませんでした。

良い父親なのですが、家族を養うために一生懸命になるあまり、ほんと何を楽しみに生きてきたのか分からないような社会人生を送ってしまったのです。だからこそ、恩返しのために父親に心から喜んでもらえるプレゼントがしたいのです。

行き詰ったので、父が何か欲しいものがあるかどうか知るために、母にそれとなく聞いてもらおうと思いましたが、不器用な母にそんなことをさせると直接聞いてしまいそうです。本当に困りました。困った時には本屋へ行ったり、百貨店に行ったり、インターネットで検索したりもしましたが、「名前の入ったグラス」や「時計」、「思い出の写真+メッセージ」など、ぱっとしたものが見つからず…。


スポンサードリンク


60歳の退職祝いは温泉旅行に決定


退職の日がいよいよ迫り、時間的余裕がなくなる中で、やっとのことで決めたのが「旅行」でした。私的には、「これだ!!」と大発見をしたつもりでしたが、退職祝いとして、旅行券を贈るのは、結構一般的みたいですね。ただ、父に旅行券を渡したとしても、タンスの肥やしになる可能性が大なので、「旅行」そのものを企画して、それをプレゼントすることにしました。

旅行場所は、昔私が小さい時によく行っていた温泉旅館。一泊何万円もする高級旅館ではありませんが、近くでとれた魚料理がおいしくて、とてもくつろげる温泉です。父が退職する次の日に出発する計画で旅行を申し込みました。私的には、母と2人で行ってもらうつもりだったのですが、話し合いの結果、家族全員(父・母・私、私の嫁、孫)の5人で行くことになりました。

退職祝いの温泉旅行は良い思い出が残った


孫の可愛がりかたが異常なほどの父ですので、孫が一緒に行き、「おじいちゃん、おめでとう」とクラッカーを鳴らしてくれたのがとても嬉しかったらしく、とても楽しい時間を過ごせたと喜んでもらえました。温泉旅行で摂ったビデオや孫と一緒に写った写真を何回も見ていますので本当に嬉しかったのだと思います。

喜んでもらえるとプレゼントした私達にとっても本当に良かった思います。退職祝いというと、後に残るものというイメージがあったので、何を贈るかに悩まされましたが、父が大切にしてきた家族揃って、思い出の温泉旅行ができ、父の苦労を労う良いプレゼントになったと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑