花粉症のつらい症状 薬を飲まずに鼻水を止める方法/外出時でもできる秘策

公開日: 

Pocket

これから本格的になる花粉の季節、敏感方は鼻がムズムズとするのを既に感じているかもしれませんね。
そして花粉症で困るのが何と言っても止まらない鼻水。
自宅にいるのならまだしも外出先ではズルズルと鼻をすすっているのも嫌だし、何か鼻水を止める良い方法はないかと思いますよね。
そこで今回は外出先でも出来る、鼻水を止めるのに効果的な方法を紹介していきます。
薬などに頼らず誰でも簡単に出来るので必見です。

鼻をかむ外国人女性aef5_s

水を口に含む


1. 少量の水を口に含む(大さじ2杯程度)
2. そのまま5~10分飲み込まない
3. 水を飲み込む

「こんなので止まるの!?」と思うかもしれませんが、実はこれかなり効果てきめんです。
この方法では水を口に含んで飲み込まずにいることで、鼻水が徐々にのどの方に誘導されていきます。
最後に水を飲み込むことで鼻水が一緒に流され、鼻が通るという原理です。
ただ長時間効果が持続するわけではないので1日に何回か行う必要があります。
プレゼン前など「鼻水なんて垂らしていられない」ここぞという時の直前に行うといいでしょう。

ペットボトルを脇に挟む


1. ペットボトルを用意(500ml推奨)
2. 鼻が詰まっている側の反対の脇に挟む
3. 5~10分程度そのまま

鼻水が出るのは鼻の粘膜が炎症を起こしていることが原因であるため、この炎症を抑えることで鼻水をストップすることが出来ます。
脇には自律神経が通っているため刺激することで鼻粘膜の炎症を抑えることが出来るのです。
また寒い日なんかは温かいお茶ペットボトルなどで行うと全身を暖める効果もあるのでおすすめ。


人気の鼻水を止めるワザ


1. 舌を口内上部にあてる
2. 舌を離す
3. 2本の指で眉間を抑える
4. これを15~20回繰り返す

これは科学的根拠に基づいて考えられて方法ではありませんが、世間ではかなり効果があると話題になっています。
この方法の良いところは人前で行ってもなんら恥ずかしくないところですね。
出勤中でも仕事中でもいつでも好きな時に出来るので、外出先で鼻水に困ることはもうありません。
人前で水をずっと口に含んだりペットボトルを脇に挟むのに抵抗がある方は是非実践してください。

鼻のツボを押して鼻水を止める

鼻水をとめるツボを押す


ツボ押しは外に出ているときでもささっとできます。
小鼻の上のくぼんだところに「鼻通(びつう)」というツボがあり、ここを押すとすーっと鼻が通るようになります。
また、「睛明(せいめい)」と「迎香(げいこう)」というツボも鼻水をとめるの良く効きます。
睛明は鼻の付け根と目頭の間にあり押し込んだりします。迎香は小鼻の左右のわきにあります。睛明から迎香にかけて上下にさすったりしても効果的です。

ハッカ油を使う

ハッカ油はミントから作られる天然成分でからだにも安心して使うことができます。
使い方は簡単でマスクに1プッシュしてつければ、目も鼻もすーっとして気持ちが良いです。
マスク以外でもハンカチなどにプッシュし、鼻呼吸をすれば鼻通りがとても良くなります。乾燥防止にもなります。持ち運びも便利なので、どこでも使うことができます。
また、家でもお湯にプッシュして匂いをかいだり、お風呂に入れても効果的です。
ただし、小さなお子さまに使用する場合は、そのままでは刺激が強いので、プッシュしたハンカチを部屋に置いて匂いを充満させたりなどしましょう。

まとめ


いかがでしょうか?今回は外出先でも出来る、鼻水を止めるのに効果的な方法を紹介しました。
最後に一つ注意点を挙げると、いずれの方法でもティッシュで鼻をかんだあとに行うとより効果を得ることが出来るので、必ず鼻をかんだ後に行ってください。
外出先で鼻水にもう悩まされないと思えば、多少気が楽になりますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑