インフルエンザの検査方法はどうするの? 病院では痛いの?

公開日:  最終更新日:2016/01/27

Pocket

風邪と症状が似ているけれども、熱も出たし関節も痛い、全身倦怠感もある。インフルエンザの疑いがある場合は、病院で検査を受けますがどのような方法で検査をするのでしょうか。また、検査は痛いのでしょうか。



インフルエンザの病院での検査



インフルエンザの陽性・陰性の検査は「迅速抗原検出キット」で鼻の奥の粘液を綿棒で採取して、その粘液を検出キットにつけて色の変化を目視で判定します。

鼻の奥の粘液を採取する方法、喉の粘液を採取する方法、鼻水(鼻かみ液)で検査する方法があります。

このうち鼻の奥の粘液を採取する方法で検査する病院が多いようです。子供が鼻の奥の粘液を採取するのを嫌がるという理由で鼻かみ液で検査する病院もあるようです。

鼻の奥の粘液を採取する方法で検査を行う病院が多いのはこれが一番判定ミスが少なくわかりやすいという理由です。

文中画像images

インフルエンザの検査は痛い?


インフルエンザの検査は痛いと聞きますが実際のところはどうなのでしょうか。
実際に検査を受けたことがある方の生の声です。

実際にインフルエンザの検査を受けた人の感想


○あの「痛すぎる検査」なんとかなりませんか!
インフルエンザって飛沫感染するんでしょ!!!唾液とか鼻水で検出できない理由がまるで納得できません!

○インフルエンザの検査ってなんであんなに痛いのでしょうか?長くて細い綿棒(?)を鼻の奥でごりごりされました。めっちゃ痛かったです 正直、私も痛すぎて暴れました。泣き叫びました。

○鼻の中に綿棒入れて検査する方法がありますよね。あれをやると僕は涙が勝手に出てしまうのです。

○インフルエンザか検査するために、鼻に綿棒の長いやつを突っ込まれると思いますが、それがめっちゃ嫌いです。なんで、あんな痛い思いをさせられなきゃいけないんでしょうね…。

○インフルエンザの検査で陽性か陰性調べる時に鼻に綿棒みたいなの入れると思うんですが、すごく奥まで入れる必要あるんですか?

このような感じで鼻の奥に綿棒を入れて粘液を採取する方法はかなり痛くて経験者の方は二度としたくない。と思われている方が多いようです。



検査の時間と費用は?何がわかるの?


検査時間は30分以内です。個体により反応が出るまでに若干の時間差があるようです。
早い場合は5分程度でわかるそうです。

費用は健康保険適用で1700円程度です。

検査の精度は95%以上でインフルエンザのA型かB型がわかります。

迅速抗原検出キットは医療機関で使用されるもので薬局などでは販売されていません。



まとめ


インフルエンザの検査は痛いようですね。鼻の奥の粘液が一番ウイルスを採取しやすいと言いますが、一方ではインフルエンザウイルスは驚くべきスピードで増え1日で百万倍に増えるとも言われています。
飛沫感染するのだから咳やくしゃみから採取したもので検査できてもいいのでは?と思ってしまいます。(近い将来そうなるかもしれませんね。)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑