インフル予防接種の効果はいつからいつまであるの?子供は?

公開日: 

Pocket

毎年秋頃からインフルエンザ予防接種が病院やクリニックで行われます。重症化を防ぐ予防接種ですがその効果はいつからいつまであるのでしょうか。


インフルエンザ予防接種の効果はいつからいつまで?



インフルエンザの予防接種の効果は2週後から5カ月程度までと考えられています。

インフルエンザの流行時期は12月頃から翌年の春先の3月頃までですのでその時期に効果があるときと重なるようにしたほうがいいですね。

このように考えると11月~翌年3月までで5ヶ月ありますから10月の中旬にはインフルエンザの予防接種をしたほうが良いことになりますね。

インフルエンザが流行するピークは毎年1月頃~2頃です。

多少遅れてもかまいませんが流行のピーク時期には効果があるようにしておきましょう。

医師images

インフルエンザ予防接種の効果 子供の場合は?



子供の場合インフルエンザの予防接種をしても十分な免疫を作ることができないので2回予防接種を受ける必要があります

1回目と2回目の間隔を4週間あけると予防接種の効果が高まります。

このことから子供の場合の1回目のインフルエンザの予防接種は10月にしておいたほうが良いですね。


インフルエンザ予防接種の効果はどれくらい?


インフルエンザの予防接種を受けたからといって絶対にインフルエンザに感染しない。というものではありません。

インフルエンザウイルスは口や鼻から侵入し体内で増殖していきます。今のところインフルエンザウイルスの侵入を防ぐワクチンはありません。

インフルエンザの予防接種を受けたからインフルエンザに感染しないといいうことでなく重症化を防ぐ効果があると言ったほうが良いでしょう。



まとめ


インフルエンザの予防接種を受けるのは早めの時期である10月頃のほうが良いと思います。
流行している時期にインフルエンザの予防接種を受けに病院に行くとインフルエンザに感染した患者さんがいる可能性があります。
予防接種を受けに病院へ行ったのにそこで感染しては笑い話にもなりませんからね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑